健康に欠かせない『善玉菌』とは?

一般的に良く耳にする善玉菌とは、人の体に存在する細菌の中の腸内に存在する菌の総称のことで、体の健康維持に貢献する欠かせないものです。

その善玉菌の代表が誰もが聞いたことがある「ビフィズス菌」と「乳酸菌」です。

これら善玉菌は消化・吸収などの腸整作用の促進し、下痢や便秘を予防する働きがあり、免疫力を高め感染予防にも貢献している。健康には欠かさないものです。

それでは善玉菌の代表である「ビフィズス菌」と「乳酸菌」について詳しく説明していきましょう。

ビフィズス菌の働きとは?

ビフィズス菌は腸内環境改善作用が1番の効果でしょう。

ビフィズス菌は腸内の有害菌を制御し、腸内で発生する腸内腐敗物を減少してくれます。それによって下痢や便秘の改善になります。

そして、もう一つ注目されている効果はビフィズス菌が人の体の中で最も大きな免疫器官とされている腸管という場所に良い刺激を与え、免疫力を高める効果があります。

それによって感染予防・発ガン予防・アレルギーの改善に大きく貢献しています。

また脂質代謝改善効果もある腸には欠かせないビフィズス菌です。

乳酸菌の働きとは?

乳酸菌もビフィズス菌と同じく整腸作用がある菌です。

特に腸の活動や運動を促し、高める効果があります。

そして、腸内を酸性に保つ効果があり、それによって抗菌作用・抗ガン作用など細菌やウィルスに対抗する抵抗力を高めてくれます。

善玉菌と悪玉菌の関係

悪玉菌といえば、いかにも悪そうな気がしますが、悪玉菌も元々、体内に存在している菌で少量なら何も問題のない菌なのです。

例えば悪玉菌は善玉菌の刺激になり活発化させますし、体に入ってきた病原菌を攻撃、撃退する役割があります。

しかし、やはり悪玉菌が多くなると腸内で物質を腐敗させ、下痢や便秘の原因になったり、腸内に有害物質を作ってしまったり、体の免疫力を弱める作用があります。

なので善玉菌が多く悪玉菌が少なくといったバランスがとても大切なのです。

善玉菌が減少すると悪玉菌が増えてバランスが崩れ、人体に悪影響を及ぼします。

すなわち、つねに善玉菌が多い状態に保つことが重要なのです。

善玉菌は生きている、善玉菌のエサはプレバイオティス

善玉菌は腸内で生きている菌です。

腸内で活躍し、生きるために善玉菌にもエサとなる栄養素が必要となってきます。

そして、その最も善玉菌に有効な栄養素が「プレバイオティス」という栄養素です。

この「プレバイオティス」によりビフィズス菌や乳酸菌の善玉菌が活発に活躍できるのです。プレバイオティスといった難しい名前ですが簡単にいうとオリゴ糖、食物繊維の一種です。

このプレバイオティスは食道や胃や十二指腸などの体の上部消化管で分解・吸収せれずに善玉菌がいる小腸・大腸に届けられます。

そのため、ビフィズス菌や乳酸菌と一緒に摂取することが最も有効だといえます。

ビフィズス菌を摂取できるものは?

ビフィズス菌は腸内細菌と言われているとおり、元々腸内にしかいない細菌で自然食品にはほとんどいません。

しかし、健康な体、体内には重要なものです。そして食生活の乱れや加齢、ストレスなどによって減少してしまいます。

ですのでビフィズス菌を摂取することが必要になってきます。ビフィズス菌を摂取できるものは加工されたヨーグルトやビフィズス菌を添加した食品を摂取するしかありません。

しかし、ビフィズス菌は酸に弱く胃酸によって、なかなか腸にたどり着くことが難しい弱点があります。そのためビフィズス菌を含む食品選びは「生きたまま腸まで届くビフィズス菌」と明記された食品を選ぶのが大事です。

乳酸菌を摂取できるものは?

乳酸菌はビフィズス菌よりは簡単に多く摂取できます。

なお乳酸菌には動物性乳酸菌と植物性乳酸菌があります。

まず動物性ですが、主に乳製品を発酵させたもので、ヨーグルトやチーズが代表的です。ちなみにチーズはナチュナルチーズです、プロセスチーズには生きた乳酸菌はありません。

その他には発酵バターにも生きた乳酸菌があります。

そして植物性乳酸菌とは野菜でも、しっかり発酵させた漬物には植物性乳酸菌が含まれています。

キムチやザーサイやピクルスなどにも含まれています。その他、自家製や直売の味噌や醤油にも植物性乳酸菌が含まれています。

しかし市販の味噌や醤油は殺菌によって生きた乳酸菌はほとんど無いと覚えておきましょう。

善玉菌は毎日、摂取することが大事!

善玉菌は加齢によって年々、減っていくものです。

だからこそ毎日善玉菌を摂取することが大事なのです。

そして、すでに善玉菌が減っている状態で、体調がすぐれないという人は、いまからでもしっかり善玉菌を摂取する必要があります。

しかし、このことだけにこだわって食事を続けるのは大変です。

例えば乳製品が苦手とか、お腹がゴロゴロとなってしまう人は乳糖不耐症の可能性もありますので、無理をすることはかえって逆効果になることも・・・。

そこでオススメなのがサプリメントです。

サプリメントで不足した栄養素を補うことは、現代の生活習慣にとても適した方法だと思います。

特に善玉菌との相性が良い「プレバイオティス」を含むサプリメントが効果的だと考えられます。

食事とサプリメントを併用することで、無理なく十分な栄養を摂取して、善玉菌を増やしてみてはいかがでしょうか。