腸内環境を改善するのに必要な期間

健康にかかせないのが腸内環境です。

私達の体内の免疫細胞や善玉菌の70%が腸内にあり、健康を保つために日々働いています。健康は腸内環境が司っていると言っても決して過言ではありません。

そのため健康を考えるなら、まずは腸内環境を整えること重要になります。

こういった背景もあり、現在では多種多様な腸内に良い食品や飲料などが注目されています。

しかし実際のところ普段の食生活や生活習慣だけでは十分に摂取することは難しいことから、サプリメントが注目されています。

ではサプリを飲むことで腸内環境がどのくらいの期間で改善され、効果がでるのか考察していきましょう。

腸内環境の改善は時間がかかるものです!

腸内にいる善玉菌などの細菌は生きて働いており、日々生まれ死滅を繰り返しています。

細菌の活動により腸内環境が保たれて健康に過ごしていけるのですが、食生活や習慣、ストレスや加齢によって善玉菌は減っていきます。

腸内の善玉菌を強くし増やすためにサプリを摂取するのですが、どんなに優れたサプリであっても今日明日効果が出るような速攻性があるものではありません。

つまりサプリは徐々に腸内環境を整えるものだと思うと良いでしょう。

一般的に毎日飲み続けたとして、体に変化を感じるのは1週間前後と言われています。それも初めはお通じが良くなったというほどの効果しか感じられないこともあります。

また加齢や食生活で腸自体の機能が低下している状態から改善を求めるなら、効果を感じるまでの期間はさらに長くなるでしょう。

しかし3ヶ月前後、毎日欠かさずサプリを飲んでいても効果が感じられない場合、そのサプリは自分にあってない、もしくはすでに腸の病気にかかっていることを疑うことも忘れてはなりません。

逆にいえば通常であればおよそ3ヶ月前後で効果が感じられるということです。

まずはサプリを飲む習慣をつけること、そして腸内環境の改善は一朝一夕ではできないということを理解すると良いでしょう。

サプリを飲んでいれば必ず腸内環境が良くなる?

腸内環境を整えて健康になりたいのであれば、同時に生活習慣を見直してみましょう。

悪い生活習慣や食生活の中で、いくら優れたサプリを飲んだとしても、その効果を得ることは困難ででしょうし、サプリの本来の効果も半減してしまうことも。

確かにサプリは腸内環境をサポートする効果は期待できますが、万能薬ではありません。

ですからサプリの効果を最大限引き出せるような生活習慣を心がけることが大切です。

例えば適度な運動や十分な睡眠などを心がければ、サプリの効果も期待でき、相乗効果が見込めるでしょう。

腸内環境改善サプリの利点

サプリの利点は保存が容易で、長く効果を失わず保存できるということです。またいつどこでも持ち運びが出来て手軽に摂取できることも利点でしょう。

つまり食事とは違い、毎日継続しやすいことがメリットと言えます。

またコスト面で考えても、大量の食品を毎日摂取することを考えると、サプリなら1日にかかるコストは安くあげることも可能でしょう。

若い人はサプリに対して比較的抵抗がないのですが、中高年から高齢者の方の中には、サプリ=薬と勘違いして抵抗がある方も少なくありません。

しかしサプリは薬ではなく、健康補助食品だということを認識する必要があります。

極端な言い方をすれば、用途にあった栄養素を凝縮したものと考えても良いかもしれませんね。

腸内環境に改善サプリを選ぶポイントは?

現在、腸内環境を改善を目的としたサプリは数多く発売されています。

もちろん、どの腸内環境改善サプリもメリットをうたっていますので、その中から選ぶとなると悩むことになるでしょう。

ですから、まずは添加物などが少ないもの、そして安全な成分であることを確認しましょう。

腸内環境改善サプリは善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌など)を生きたまま腸に届くことを目的としたサプリが多いですのですが、生きた善玉菌を100パーセント腸に届けるのは、はっきり言って困難です。

というのも善玉菌の多くが酸(胃酸)に弱い特性をもっているからです。

それなら、自身の持つ善玉菌を増やし、強くする成分を主にしたサプリがおすすめとなります。

まとめ

体の健康は腸内環境が大きく関わっているので、腸内環境を整えて強くすることが、健康な体を作る最良な方法のひとつとなります。

そこでサプリを活用するのが効果的ですが、サプリは速攻性がある万能薬ではないことを忘れてなりません。

またサプリだけに頼るのではなく、適度な運動や良い睡眠を心がけた生活習慣を取り入れることで、相乗効果で健康を維持、改善していくことが大切です。

健康は一朝一夕では手に入るものではなく、正しい生活習慣が大事だということ忘れず、サプリを有効に活用してみてはいかがでしょうか。