腸内フローラは美容・健康・精神の安定に効果的!?

腸内フローラは日本名で『腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)』です。叢とは『草むら』の意味を持ちます。

某CMで「まるで腸内のお花畑」というフレーズを聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

でも『腸内のお花畑』って何のことかピンときませんよね。

実は腸管内に腸内細菌が在中している様子が、まるで植物園かお花畑のように見えるのです。

腸内細菌の種類は100種以上。個数にすると兆単位にもなるのですが、それらがぎっしり集まって花が咲いているように見えることから『flora(フローラ=花畑)』と名づけられました。

腸内フローラとは、腸内にいる腸内細菌の状態や割合を指す言葉なのです。

理想的な腸内フローラを保つには

腸内細菌には人の身体に良い影響を与える菌(善玉菌)、体調を悪くする菌(悪玉菌)、その中間で普段は優柔不断なくせに体調不良になると悪玉菌へと転ぶ菌(日和見菌)の三種類があります。

腸内フローラの理想的な割合は善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割です。

これは長年腸内細菌を研究されておられる東京大学名誉教授・光岡知足氏が提唱されています。

「水清ければ魚棲まぬ」という諺もありますが、腸内フローラもある程度の悪役が必要なのですね。

しかし悪玉菌が増えすぎると腹痛などの体調不良を引き起こしたり、おならなど臭いの元となって恥ずかしい思いをしたりします。

ところで現代では食生活の変化で日本人の腸内細菌、そして善玉菌の数が減っているという事実はご存知ですか?
そして加齢や環境によっても善玉菌の数は減っていきます。

腸内全体の2割数のキープなんてカンタン、と考えがちですが・・・。実はこのような環境下で善玉菌2割のキープは大変なことなのです。

ちなみに主な善玉菌の種類は、ビフィズス菌、乳酸桿菌など。

これらはヨーグルトや発酵食品などからも摂取することができますが、毎日食事のみで必要量を補うのは至難のわざです。

不足分は『善玉元気』のような高乳酸菌発酵エキス含有サプリメントで補うのがもっとも効率の良い方法でしょう。

効果や作用

善玉菌を増やして腸内フローラを整えることで得られる効果や作用には、主に下記のようなものがあります。

美容効果

□ダイエット効果・美肌効果・アンチエイジング効果

老廃物の排出力が高まることによって、脂肪や肌荒れを起こす物質が蓄積しにくい身体を作ります。

また善玉菌は、腸内に棲む太りやすくする悪玉菌を追い出してくれる効果も。

この働きによってダイエット効果を高め、痩せやすい体質に改善してくれるのです。

健康効果

□便秘解消

便秘時の腸内は物質の腐敗によりアルカリ性に偏り、腸内蠕動運動が鈍っています。

これを善玉菌(の中の有機酸)や食物繊維の働きによって弱酸性(健康な腸内状態)に戻し、再び蠕動運動をスムーズにさせるのです。それによって排便力が高まります。

□あらゆる病気の予防

ビフィズス菌やその他の有用成分が免疫力を高めることにより、アトピー・インフルエンザ・花粉症など現代人がかかりやすい疾患から身体を守ってくれるのです。

また、乳酸菌含有食品を販売している食品会社数社の研究所ではビフィズス菌が大腸がんを予防する効果があると示し、更なる研究を続けています。

精神の安定

□抗うつ作用

身体を腸から健康にし、善玉菌が幸福ホルモン・セロトニンの生成を促すことにより身体とともに精神が安定するのです。

コロンビア大学医学部のマイケル・D・ガーション博士は「腸はセカンド・ブレイン(第二の脳)」と提唱し、精神(思考)と腸は密接な結びつきがあると語っています。

身体と心の健康は一心同体なのですね。

健やかな肉体と精神は腸内環境の安定から!

現代の環境下で減りがちな善玉菌を増加させて腸内フローラを整え、若さと健康・美貌を保ちましょう!